グラフィックデザイナーのノート

松 利江子(フリーランス・グラフィックデザイナー)の公開ノート


カフェモノクローム・サイン・サインデザイン
渋谷にある『CAFE:MONOCHROME』に行ってきました。映画をコンセプトにしたカフェですが、「デヴィッド・リンチ」や『ツイン・ピークス』のファンが集うお店でもあります。

デイヴィッド・リンチ・コーヒー・パッケージデザイン
棚にある白い袋は、コロラド州から直輸入されたデヴィッド・リンチプロデュースのオーガニックコーヒー「DAVID LYNCH COFFEE」。『イレイザーヘッド』のポートレートも飾られています。

カフェモノクローム・デヴィッド・リンチ・食器デザイン
左はツイン・ピークスに出てくるチェリーパイ。お皿の模様は赤い部屋、ブラックロッジ、イレイザーヘッドのエレベータールームです。「善悪が織り成すデザイン」と語られていた白と黒のタイルがモチーフとなっています。
右はデヴィッド・リンチプロデュースのコーヒー。(マグカップの模様は先と同様。)

カフェモノクローム・シャイニング・ケーキ・食器デザイン
『シャイニング』に出てくる絨毯などの模様のオーバールックケーキ。お皿はオーバールックホテルの見取り図になっています。側面はホテルの窓(外観?)でしょう。

カフェモノクローム・デヴィッド・リンチ・コースターデザイン
コーヒーを注文すると、1967年の短編映画『SIX MEN GETTING SICK』のコースターがもらえました。(コースターの絵柄は、日によって違うようです。)

カフェモノクローム・デヴィッド・リンチ・ブックデザイン
デヴィッド・リンチ関係の書籍も多数あります。

カフェモノクローム・ロゴ・ロゴデザイン
ビルの2階にある小さなお店ですが、非常に完成度の高いカフェです。店名のとおり店内はモノクロで、天井は鏡になっていました。デヴィッド・リンチの写真や絵画のイメージとも合っています。
使われている食器のデザインは、映画の中で使用されていた印象的なパターンがモチーフになっているので、見覚えのあるデザインは、作品を知るファンにとってはたまらないものでしょう。この空間の中で「Twin Peaks Theme」をBGMに食べるチェリーパイもまた、特別な体験になるはずです。
このような、こだわりが感じられるコンセプトが明解なお店はいいですね。


●ACCESS
CAFE:MONOCHROME(カフェモノクローム)
住所:東京都渋谷区宇田川町4-10 渡辺ビル2A
電話番号:03-6452-5735



グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ


瀧本幹也展・CROSSOVER・写真・展覧会

ラフォーレミュージアム原宿で開催されている、瀧本幹也展『CROSSOVER』に行ってきました。(会場内はすべて撮影とSNSアップOKです。)

瀧本幹也さんは、広告、CM、映画などで活躍されている写真家です。「TOYOTA」、「サントリー」、「Mr. Children / HOME」、「ラフォーレ原宿」、「としまえんプール」など、多数の実績があり、現在、最も目にする機会の多い写真家かもしれません。

瀧本幹也・写真・広告・広告デザイン

会場内には、広告で使われた写真や作品が400点以上展示されていました。これだけの作品を一度に観られる展覧会にもかかわらず、入場無料なのが驚きです。

広告写真の場合、完成したものには、必ずテキストやロゴなどが入っています。もちろん、写真を活かしたカタチでデザインされるわけですが、写真のみを観られる機会というのは滅多にありません。今回はそういった見たことのある広告の写真を多数観ることができる貴重な展覧会でした。

瀧本幹也・写真・広告・広告デザイン

写真だけに集中してみると、また違った印象を受けます。写真が持つ、独特の質感がダイレクトに伝わってくるからでしょうか。何の広告で使われた、というような説明が一切ないのもその一因と思われます。以前から瀧本さんの写真は素晴らしいと思っていましたが、今回はオリジナル写真の良さを肌で感じることができたのが収穫でした。

瀧本幹也・写真・広告・広告デザイン
野田凪さんのデザインラフと実際に撮影された写真。

瀧本幹也展・ポスター・ポスターデザイン
展覧会のポスターデザイン。
4種を並べた状態でのデザインが良いです。


瀧本幹也展『CROSSOVER』は、ラフォーレミュージアム原宿で、3/14日(水)まで開催されています。



グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ






【関連URL】

●広告デザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川 https://designslim.net/works_cat/advertising-design/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote



ユニクロのプロジェクト「SPRZ NY」から、イームズとのコラボレーション『SPRZ NY EAMES』が発売されています。

ユニクロ・イームズ・プロダクトデザイン・ファッションデザイン
ユニクロとイームズのコラボレーション、『SPRZ NY EAMES』登場
20世紀のデザイン界の巨匠イームズの世界観をTシャツにのせ、
ニューヨークから世界に発信 - UNIQLO ユニクロ


世界中のクリエイターやデザイン好きに多くの支持を集める、イームズ夫妻の製品は高額なものが多いのですが、ユニクロで商品化されたものはどれも手頃な価格設定になっていました。

商品のラインナップは、「メンズTシャツ」9種(1,500円+税)、「ストール」3種(1,990円+税)、「ブランケット」4種(1,990円+税)、「ルームシューズ」4種(990円+税)です。
店頭で実物を見てみると予想以上のクオリティーで、どれもイームズの良さが出ていました。

ユニクロ・イームズ・プロダクトデザイン・テキスタイルデザイン

私は「ブランケット」を3種購入しました。
テキスタイル・デザインを手掛けたレイ・イームズによるデザインですが、当時のデザインはそのままに、現代の生地にプリントされたものです。枚数を多く揃えてインテリアのアクセントとして使うのも良いですね。
実物のクオリティですが、私個人の見解では申し分のないものと思いました。
優れたテキスタイルデザインは、何年も経った後に製品化されてもやはり素晴らしいものです。
良いコンディションの商品入手が難しく、絶対数の減少によって今後も高額になっていくであろう現状において、今回、イームズ関連のコレクターズ・アイテムとしてはかなり安価に入手できるのは嬉しいですね。
9月25日(月)の発売からしばらく経っているので、お目当ての商品があれば早めに購入した方が良さそうです。



グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ



【関連URL】

このページのトップヘ