グラフィックデザイナーのノート

松 利江子(フリーランス・グラフィックデザイナー)の公開ノート

書籍・神速InDesign・ブックデザイン

私もお気に入りの技法書「神速Photoshop」に続いて、「アスキー・メディアワークス」から、『神速InDesign』が発売されました。


「InDesign」は、主にエディトリアル・デザイン、パンフレットや書籍などのページ物の制作などに使われるアプリケーションです。私は主に、ブックデザインの仕事のために使っています。


「Illustrator」や「Photoshop」と比べると、業務に特化している印象があるため、前述の二つに比較すると、それほど知名度のあるアプリケーションではありませんが、デザイナーなら必須のものです。
 

書籍・神速InDesign・本文デザイン

このシリーズは、レイアウトがすっきりとまとめられていて、とても見やすいです。

今回の『神速InDesign』では、81の時短テクニックが紹介されていて、InDesignユーザー必見の内容となっています。


そして今なら「早期購入者特典」として、「Amazon」で購入し応募された方全員に、『神速InDesign [特別編集版]』(PDFファイル)がもらえるキャンペーンも実施されています。
 

神速InDesign・キャンペーン・サイト

早期購入者特典PDFがもらえるキャンペーンも!

InDesignユーザー必携の時短本『神速InDesign』発売



「特別編集版」の「PDF」は全16ページで、ページの都合で入らなかった、5つのテクニック1つのコラムが収録されているそうです。


私も早速「Amazon」で購入し、応募しておきました。

この期間内であれば、「Amazon」で購入するのが良さそうですね!



【関連URL】

ASCII.jp:InDesignユーザー必携の時短本『神速InDesign』発売


エディトリアルデザイン 制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

雑誌・+DESIGNING vol.34・ブックデザイン

9月27日に発売された、『+DESIGNING』vol.34 11月号 です。

特別付録として『MORISAWA PASSPORT 本文組見本帖』も付いています。

特集「文字を知る、組む、作る。」は非常に優れた、充実の内容になっていました。


「モリサワパスポート 」をはじめ、使用できるフォントも増え、OSやソフトも変化し、便利になった反面、オペレーション作業はどんどん複雑化しています。


ここで一度「文字」について、きちんと整理し把握するために、本書を購入しました。


文字をできるだけ美しく、そして読みやすくデザインするのは重要ですからね。

これから読むのが楽しみです☆


雑誌・+DESIGNING vol.34・本文デザイン


付録の『MORISAWA PASSPORT 本文組見本帖』は、576ページもあり、本体より分厚いです。

「本文用書体」「縦組み」「横組み」「ベタ組み」「ツメ組み」の見本も掲載されています。


この号は、読了後も資料として活躍しそうなので、大切に保存しておこうと思いました。


グラフィックデザイナー、ブックデザイナー、エディトリアルデザイナー、

DTPオペレーター、デザインを志す学生の皆さん、必須ですよ!



【関連URL】

:: :::: ::: +DESIGNING.jp ::: ::::: :::


エディトリアルデザイン 制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

雑誌・ハーパーズ バザー・広告・デザイン

表参道駅に設置されていた、『Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)』創刊の駅貼り広告です。



雑誌「ハーパーズ バザー」は、2010年12月号をもって休刊していましたが、「ハースト婦人画報社」から9月20日に復刊されました。


創刊を伝える駅貼りのポスターは、「BAZAAR」のロゴに、洗練されたファッションに身を包んだモデルが、絡んだデザインになっています。モデルの顔を出さないという判断は流石です。

その時に旬なモデルと専属の契約を結んで、モデルの力で雑誌を売ろうとするイージーな選択はそろそろ放棄すべきでしょう。


雑誌・ハーパーズ バザー・ポスター・デザイン

アルファベットの文字には、モデルの足がかかったようなユニークな合成がされています。それぞれの文字に、ロゴボディコピーを配し、その文字が持つ意味を伝えるものでした。


全体の配色は、レッド、ブラック、ゴールドにしぼり、ホワイトスペースを活かしてレイアウトされています。駅構内の壁のブラックにも映えていました。


右スペースには、大きく創刊号の表紙が掲載されています。ポスターを見た後に、書店などで探してもらいやすくするためでしょうね。


ファッション誌に相応しい、スタイリッシュなデザインだと思います。



【関連URL】

Harper's BAZAAR|ハーパーズ バザー

広告デザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM 
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

このページのトップヘ