ハンドメイド・ストラクチュア・展覧会・DMデザイン1

『紙と構造 ハンドメイド・ストラクチュア』展DMデザインです。

本日11月28日~2014年1月17日まで「竹尾 見本帖本店」で開催されています。


企画・ディレクション:中﨑隆司(生活環境プロデューサー・建築ジャーナリスト)

参加クリエイター:小西泰孝(構造家)+北村直也(建築家)

         ローラン・ネイ(構造エンジニア・建築家)+渡邉竜一(エンジニアデザイナー)

         佐藤淳(構造設計家)

グラフィック・会場構成:NOSIGNER

主催:株式会社 竹尾


ハンドメイド・ストラクチュア・展覧会・DMデザイン2

ハンドメイド・ストラクチュア・展覧会・DMデザイン3
DMは1枚のポストカードですが、組み立てるとこのような形になります。


届いたDMには、

柔らかい平面の紙は立体にすることで様々な形態を生みだすとともに自立する剛性を持つことができます。そのような構造体を生みだしていく手法も多様です。新しい建築に挑戦する構造設計家と、美しくて機能的な橋梁など土木構造物の設計をするエンジニアデザイナーが新たな紙の魅力と可能性を構造という視点から提案します。

とあります。


この展覧会が興味深いのは、参加者が紙を主に扱うグラフィックデザイナーではなく、建築関係のクリエイターである点です。

今回の展覧会の趣旨に相応しく、DMは単純に紙に案内を印刷したものではなく、折って、曲げて…立体物になります。


反応率などを厳密に計測されるDMは、実験的な試みはあまり出来ませんが、反響が必要だからこそ、思い切った決断が必要になる事もあるでしょう。そういった時に「またDMか」と目もくれずに捨てられてしまわないように、このようなアイディアをストックしておく事は何かの時に役に立つような気がします。(今回のようなDMは、簡単に作成できるものではありませんが…)

今回の1枚のポストカードから出来上がるこの立体はその好例です。
このような展覧会やイベントなどのDMは、会場に足を運んでもらうための仕組みづくりの大切さを深く理解してるからこそでしょうね。



───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/

グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ


【関連URL】

紙と構造 ハンドメイド・ストラクチュア | イベント&レポート | 竹尾


●グラフィックデザイン・パンフレット・カタログ・冊子・ロゴなどのデザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川 http://designslim.net/graphic-design.html


●DM ダイレクトメール 制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川 http://designslim.net/dm-design.html