グラフィックデザイナーのノート

松 利江子(フリーランス・グラフィックデザイナー)の公開ノート

タグ:ショップ

アラン ミクリ・ディスプレイデザイン1

「アラン ミクリ」(alain mikli)のディスプレイデザインです。
銀座駅の地下通路に設置されていました。


アラン ミクリ・ディスプレイデザイン2

「アラン ミクリ」のメガネは色彩の豊かさが魅力ですが、今回のディスプレイでは、アイコンカラーの「ブラック」と「レッド」が使用されています。店舗のアニバーサリープロジェクトも「アニバーサリーカラー」として「ブラック」と「レッド」を用いたデザインになっていました。


アラン ミクリ・ディスプレイデザイン3

近年のファッション業界では、『ノームコア』(「ノーマル」と「ハードコア」を合わせた造語で、「究極の普通」を意味する)がトレンドだと言われています。ファストファッション全盛の時代にあって、あくまで「アラン ミクリ」のモードの王道を行くぶれない感じは、突き抜けた、揺るぎない自信があたかも宣言のように伝わってきます。
 

コンセプトは「見るための、そして見られるためのメガネ」です。
実用価値と付加価値、上質のツール(道具)としてもモードのアイテムとしても、
完璧主義を貫く意志。
ディスプレイデザインもそんなコンセプトに沿ったデザインになっていました。



グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM
http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ

【関連URL】
::: アランミクリ オフシャルサイト :::



McDonald's-American-Vintage-Life-poster-design

マクドナルド「American Vintage」キャンペーンポスターデザインです。


「アメリカンヴィンテージ」キャンペーンは、1950年代~1980年代の「古き良き時代のアメリカ」コンセプトに、期間限定で行われています。


写真は、第1弾の「American Vintage '50s」ポスターで、店内に掲載されていたものです。使用されているフォントイラストは、50年代風にデザインされていました。もちろん、コンピュータなどなかった時代なので、日本語の文字も手書きのような雰囲気に仕上げられています。

また、ポスターだけではなく、店内の至る所にそのようなデザインをした装飾がされていました。


飲食店の店舗は、和食なら和風に、イタリアンならイタリアらしい店舗設計をするものですが、今回のような一定期間のキャンペーンであれば、ベースはそのままに、印刷物を用いて店内を装飾することができます。


「古き良き時代のアメリカ」を、「味覚」だけではなく、「視覚」でも、感じられるようになっていました。「古き良き時代のアメリカ」というは、マクドナルドというブランドの原点に立ち返るアクションである事は言うまでもありません。


時に時代や環境に適応するあまり、ブランドは個性を失ってしまう事があります。

しかし、その個性を失う事はお客様に選んでもらう理由を失う事にも繋がる危険があるのです。


今更、「古き良き時代のアメリカ」と言われてもピンと来ない程、マクドナルドは完全に日本に定着している企業です。そのマクドナルドが打って出た今回の手について、こうなるに至るまでの経緯を検証しながら色々と考えてみる必要がありそうです。


ちなみに現在は、第2弾の「American Vintage '70s」のキャンペーンが開催されていて、第3弾の「American Vintage  '80s」まであるようです。




グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/

グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ





【関連URL】

American Vintage Life | キャンペーン | McDonald's


●グラフィックデザイン・パンフレット・カタログ・冊子・ロゴなどのデザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川 http://designslim.net/graphic-design.html
 

フェラガモ・展覧会・ディスプレイ・デザイン1

「Salvatore Ferragamo」銀座本店のディスプレイデザインです。

(写真は、今年6月に撮影したものです。)

「サルヴァトーレ・フェラガモ ミュージアム」主催の、「THE AMAZING SHOEMAKER『素晴らしき靴職人』展」が、現在イタリア・フェレンツェで開催されています。


この展覧会は、靴職人や靴を題材にしたファンタジー作品や、世界中で活躍するアーティストたちが同展覧会のために手がけた新作やインスタレーションなどを展示しています。


銀座本店のディスプレイデザインは、その中のひとつとして出展されている、「サルヴァトーレ・フェラガモ 」の生涯を元に描かれたコミックです。


フェラガモ・展覧会・ディスプレイ・デザイン2

アート作品のような趣ですが、伝達手段としてコミックを用いた表現は、歴史の重みを感じさせるブランドとしては、斬新な表現だと思いました。


その中の説明文のひとつには、

サルヴァトーレ・フェラガモの、高い品質と美しい靴は、世界中のロイヤルファミリーや、マリリン・モンロー、グレタ・ガルボ、オードリー・ヘップバーン、ソフィア・ローレンといったハリウッドスターたちを瞬く間に虜にしました。世界中のファッションショーでも紹介され、フェラガモの靴は世界を席巻しました。
と、あります。


このような内容を、コミックで表現しているというのは、とても興味深いです。

長年に渡る歴史もあり、世界中で名の知れたブランドなので、ストーリーで伝えるのは必然とも言えますが、フェラガモの購買層に向けてコミックで発信するというアグレッシブな姿勢は、非常に素晴らしいことです。今までの業績や成功に甘んじることなく、常に新しいアプローチを展開していることに感動を覚えましたが、常に新しいアプローチを展開しているからこそ、今日まで長い歴史を築いてくることができたとも言えます。

漫画について、確かに作家の筒井康隆氏も「文章で構成される小説と比較すると約30倍程度の情報量がある」と書いています。


普通に考えるとこういう場合、ポスターが使用されると思います。

しかしポスターもまた一コマ漫画と考えてみると、今回のコミックを用いたディスプレイデザインは、根本で大きくズレているとは言えないのかもしれません。

時として「ポスターは一コマ漫画なのかもしれない」という一つの可能性に気付けたのは収穫でした。


大切なのは伝えたい情報を正確に把握して、最も適切な手段を選ぶこと。

伝えたい情報とその情報が誰に向けて発信されるのか、そしてその為に最も適切な手段を選ぶ。

デザインとはそれらすべての上に成立したもので、こういったポスターを見た時に「漫画だから」と思考を止めてしまえば、その案件は関わった人すべての努力が徒労に終わってしまうかもしれないのです。


現地では少年時代の「サルヴァトーレ・フェラガモ」を題材に制作した、短編ファンタジー映画『White Shoe』も上映されています。YouTubeで予告編を観ることができます。


White Shoe




───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/

グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ


【関連URL】

Salvatore Ferragamo

青山フラワーマーケット・カタログデザイン・表紙

フラワーショップ『Aoyama Flower Market』カタログデザインです。

タータンチェック柄の、秋用が配布されていました。


このカタログは、12ページの薄いものですが、なんと「糸かがり綴じ」で製本されています!

タータンチェックの表紙に、赤い糸が効いて、とても素敵なデザインになっていました。

「糸かがり綴じ」とは、書籍などの「背」の部分に糸を通して綴じる製本方式です。主にページが多く厚みがある場合に頑丈に綴じるためのもので、今回のような薄いものに使うのは、レアなケースと言えます。

この行程は時間も予算もかかるものですが、その手間をかけることによって、このショップがカタログを「読み捨てられるもの」と考えているのではなく、とても大切に考えている事が伝わってきます。


青山フラワーマーケット・カタログデザイン・中面

中面は「敬老の日」「お月見」「お彼岸」「ハロウィン」といった、秋の行事に合わせて、「アレンジメント」や「ブーケ」が多数掲載されています。(写真は、ハロウィンのページです。)

表紙と同じ、タータンチェックの、オリジナルアレンジメントもありました。


また、商品写真、商品名、価格、商品説明などの必要事項と併せて、「秋の風物詩『お月見』とは?」、「『お彼岸』のはじまりは?」というように、行事の説明や風習についても書かれていました。ただ商品を掲載するだけでなく、「季節」と「使用イメージ」をきれいに紐付ける事で「お花を買う」というアクションが、生活を豊かにする事を示しています。

「糸かがり綴じ」とお花がもたらす生活の豊かさ、その豊かさには勿論、楽しさもあるでしょう。実際、「青山フラワーマーケット」のカタログは、見ているだけでもとても楽しい気分になってきます。


青山フラワーマーケット・ディスプレイデザイン

店頭も素敵な秋のディスプレイになっていました。

この日は、贈り物に「ブーケ」をひとつ購入しました。



───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/

グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ


【関連URL】

花・フラワーギフトなら青山フラワーマーケット


グラフィックデザイン・パンフレット・カタログ・冊子・ロゴなどのデザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川

パンフレットデザイン 制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川


ドクターマーチン・店頭・ブランディングデザイン

東京・青山にある『Dr. Martens』ディスプレイデザインです。

イギリスらしい、クラシカルな店舗デザインになっていました。


『Dr. Martens』は、「労働者の象徴」からスタートしたブランドです。その後「Mod's」から派生した「スキンヘッズ」、「ストリートギャングの象徴」となり、1970年中頃には、パンクロッカーとファンの間で愛用されました。そして『Dr. Martens』のブーツと靴は、ユースカルチャーと結び付き、今に至ります。


背景には、階級社会があるのでしょう。ホワイトカラーは安全靴は履きませんからね。

また、良く知られている通り、イギリスはブラック・ユーモアや皮肉が発達した国です。だから階級社会と言ってもどちらが上とか下ではなく、単純に別のものであり、個人として誇りを持つ事を「たくましさ」と考えられているのでしょう。カウンター・カルチャー(非サブカル)とはそういうものです。


ドクターマーチン・店舗・ディスプレイデザイン

ショーウインドウには、商品と人物のコラージュと、靴やバッグがバランスよく飾られていました。展開されているアイテムと、それらがある生活を切り取ったコラージュは、購入後のライフスタイル・商品の使用イメージを喚起させるものです。


そのような演出はファッションやインテリアの場合、とりわけ有効だと思います。それらが特別なシーンではなく、よくある日常の一コマであることによって、リアリティを感じさせるものになっているからです。


そしてコラージュの、写真を少し荒っぽく破いた感じと、「THE WHO」も使用したターゲットマーク(オリジナルは、英国空軍のマーク)が、何より『Dr. Martens』のテイストであると思います。


なぜ、こういうデザインがされているのか。

このブランドがなぜ、こういうポジションにあるのか。

見た目だけではなくそういった背景を抑えなければ、デザインの力はきちんと使えません。


世の中に素敵なデザインは沢山あります。

だけど素敵なデザインに触れた時、上辺ではなく、成り立ちを掘り下げる事や在り方について一度考えてみる。そういう事を知ると、デザインはもっと味わい深い、楽しみになるのです。



【関連URL】

ドクターマーチン・エアウエアジャパン Dr.Martens Air Wair, Japan./オフィシャルサイト


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

このページのトップヘ