グラフィックデザイナーのノート

松 利江子(フリーランス・グラフィックデザイナー)の公開ノート

タグ:ファッションデザイン

雑誌『PRODISM』創刊号・表紙・ブックデザイン

『PRODISM』創刊号の表紙デザイン

画像: 創芸社 ( http://www.prodism.com/ ) 


メンズファッション誌『PRODISM』創刊号のブックデザインです。

編集長は渡邊敦男さんで、明日10月24日に発売(価格:980円)されます。


『PRODISM』は、大人のためのプロダクト・ファッションマガジンとして創刊されますが、そのテーマに基づいたルールが気になります。


それは、


「プロダクト至上主義」をテーマに、既存のメンズファッション誌にはない独自の世界観を提案する。


というもので、

有名人・著名人に限らず、「顔」は一切出さない』
そうです。


すべてのページで「物」を中心に扱うのは、カタログでは普通の事ですが、ファッション雑誌では、めずらしいやり方です。

その背景にはブランドやトレンドより、「自分にあったもの」「自分が本当にほしいもの」へと、想定する読者の趣向が変化している事も大きいのではないか、と思います。


以前、「雑誌『ハーパーズ バザー』創刊の広告デザイン」という記事でも書きましたが、「ハーパーズ バザー」創刊を伝える駅貼りポスターも、モデルの顔を出さないでデザインされていました。

このような流れは、ここ数年来のライフスタイル提案や使用イメージといった広告の逆を行くものです。これが変化の予兆だとすると興味深いですね。

または「従来のライフスタイル提案・使用イメージを喚起する広告」と同じ方針で手法だけ逆にして、より読者の使用イメージを強調するため、なのかもしれません。

今まではモデルのカリスマ性によって、商品が売れていたと仮定しましょう。だけど、読者にとってモデルは他人です。自分ではありません。だからモデルの顔を消して、使用イメージだけを見せます。
つまり、
「モデルのカリスマ性で服を売る」から「洋服を売るためのモデル」
という本質へと立ち返るのです。


前回は、 「デザインの背景と存在価値について:『ドクターマーチン』のディスプレイデザイン」という記事を書きました。これは今回のものと真逆の手法ですが、どちらが正しいというものではなく、その時々でその会社やブランドに相応しいやり方を選ぶ必要があるのです。

とにもかくにも、「どのような手法で展開するのか」、「どのようにして魅せていくのか」、今後を楽しみに注目していきたいと思います。 



【関連URL】

PRODISM(プロディズム)10/24雑誌創刊!|創芸社


ブックデザイン・装丁 制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川


【以前の雑誌に関する記事はこちら】

雑誌『ハーパーズ バザー』創刊の広告デザイン : グラフィックデザイナーのノート


【比較・対象の記事はこちら】

デザインの背景と存在価値について:『ドクターマーチン』のディスプレイデザイン : グラフィックデザイナーのノート


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

ドクターマーチン・店頭・ブランディングデザイン

東京・青山にある『Dr. Martens』ディスプレイデザインです。

イギリスらしい、クラシカルな店舗デザインになっていました。


『Dr. Martens』は、「労働者の象徴」からスタートしたブランドです。その後「Mod's」から派生した「スキンヘッズ」、「ストリートギャングの象徴」となり、1970年中頃には、パンクロッカーとファンの間で愛用されました。そして『Dr. Martens』のブーツと靴は、ユースカルチャーと結び付き、今に至ります。


背景には、階級社会があるのでしょう。ホワイトカラーは安全靴は履きませんからね。

また、良く知られている通り、イギリスはブラック・ユーモアや皮肉が発達した国です。だから階級社会と言ってもどちらが上とか下ではなく、単純に別のものであり、個人として誇りを持つ事を「たくましさ」と考えられているのでしょう。カウンター・カルチャー(非サブカル)とはそういうものです。


ドクターマーチン・店舗・ディスプレイデザイン

ショーウインドウには、商品と人物のコラージュと、靴やバッグがバランスよく飾られていました。展開されているアイテムと、それらがある生活を切り取ったコラージュは、購入後のライフスタイル・商品の使用イメージを喚起させるものです。


そのような演出はファッションやインテリアの場合、とりわけ有効だと思います。それらが特別なシーンではなく、よくある日常の一コマであることによって、リアリティを感じさせるものになっているからです。


そしてコラージュの、写真を少し荒っぽく破いた感じと、「THE WHO」も使用したターゲットマーク(オリジナルは、英国空軍のマーク)が、何より『Dr. Martens』のテイストであると思います。


なぜ、こういうデザインがされているのか。

このブランドがなぜ、こういうポジションにあるのか。

見た目だけではなくそういった背景を抑えなければ、デザインの力はきちんと使えません。


世の中に素敵なデザインは沢山あります。

だけど素敵なデザインに触れた時、上辺ではなく、成り立ちを掘り下げる事や在り方について一度考えてみる。そういう事を知ると、デザインはもっと味わい深い、楽しみになるのです。



【関連URL】

ドクターマーチン・エアウエアジャパン Dr.Martens Air Wair, Japan./オフィシャルサイト


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 


『エビアン』
2014年デザイナーズボトルが発表になりましたね。
 

オートクチュールデザイナー「エリー・サーブ」によるデザインで、114日に発売されます。
(750mlサイズで、価格は700円〈税別
です。)


エビアン・デザイナーズボトル・エリー・サーブ・バッケージデザイン

2014年「エビアン」デザイナーズボトル

画像: evian
( http://www.fashionsnap.com/news/2013-10-10/evian-elie-saab/ ) 



『エビアン』デザイナーズボトルというと、ビビッドなイメージでしたが、今回はドレスが得意なデザイナーとのコラボレーションで、緻密なレースのパターンが美しい、今までにないデザインが特徴です。


デザインテーマは、両ブランドが持つ「純粋さ」だそうですが、「水」と「ドレス」というのは、意外にもぴたりとはまると思いました。


シンプルなボトルに、エレガントなパターンがとてもよく合っています。


ボトルの背景にパターンをあしらったイメージ・フォトや、ムービーでの商品の見せ方も、素晴らしい演出方法だと思いました。





ちなみに、今までの『エビアン』デザイナーズボトルは、

  • 2008年:クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)
  • 2009年:ジャン・ポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)
  • 2010年:ポール・スミス(Paul Smith)
  • 2011年:イッセイ・ミヤケ(ISSEY MIYAKE)
  • 2012年:クレージュ(Courrèges)
  • 2013年:ダイアン・フォン・ファステンバーグ(DIANE von FURSTENBERG)
  • 2014年:エリー・サーブ(ELIE SAAB)

がデザインしています。



【関連URL】

デザイナーズボトル | エビアン evian


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

フォリフォリ・バッグ・ディスプレイデザイン1

「Folli Follie AOyama Flagship」の、ディスプレイデザインです。


「フォリフォリ」の店舗は、ブランドカラーのビビッドな「オレンジ」と、ロゴの「白」をベースにデザインされていました。


「オレンジと白」の組み合わせに、「ピンクと黒」のバッグが映えています。奥には「紫と白」、「赤と黒」などの組み合わせのバッグも見えました。


フォリフォリ・バッグ・ディスプレイデザイン2

こちらは、別の窓越しに見えたものですが、バッグは「茶と白」の組み合わせです。ブランドカラーの「オレンジと白」の組み合わせに馴染んで、先ほどのものと比べると、随分と落ち着いた印象です。配色次第で、イメージがかなり変わりますね。


モデルの起用に関しては、エスニックだと感じていましたが、「Folli Follie」が「1982年、ヨーロッパのバカンスの地、ギリシャ生まれ」というのを見て、なるほどな、と思いました。

これもブランディングか、と。



【関連URL】

フォリフォリ公式サイト


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/ 
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

このページのトップヘ