グラフィックデザイナーのノート

松 利江子(フリーランス・グラフィックデザイナー)の公開ノート

タグ:フリーペーパー




先日、8年ぶり6回目となる「ザ・ローリング・ストーンズ」のジャパン・ツアーが東京ドームで行われました。2月26日(水)、3月4日(火)、3月6日(木)の3日間で、最終日3月6日に行った際の看板、広告、パンフレットやリーフレット等をまとめてみました。



『14 ON FIRE Japan Tour』入口看板デザイン

01. 『14 ON FIRE Japan Tour』東京ドーム入口看板



エンタメ情報サイト「UP!!!」au × ぴあ 広告デザイン 

02. エンタメ情報サイト「UP!!!」au × ぴあ 広告



03-rollingstones-up-advertising-design2 

03. エンタメ情報サイト「UP!!!」au × ぴあ 広告


 

エンタメ情報サイト「UP!!!」au × ぴあ 広告デザイン

04. エンタメ情報サイト「UP!!!」au × ぴあ 広告



「14 ON FIRE Tour」パンフレット表紙デザイン

05. 「14 ON FIRE Tour」パンフレット表紙



「14 ON FIRE Japan Tour」リーフレットデザイン 

06. 「14 ON FIRE Japan Tour」リーフレット



及川正通さんイラストの「ぴあMOOK」特製クリアファイルデザイン 

07. 及川正通さんオリジナル・イラストの「ぴあMOOK」特製クリアファイル

 

ストーンズ来日特集「うたパス」au × UNIVERSAL MUSIC 広告デザイン

08. ザ・ローリング・ストーンズ来日特集「うたパス」au × UNIVERSAL MUSIC 広告



ぴあMOOK『ザ・ローリング・ストーンズ来日記念特別号』広告デザイン 

09. ぴあMOOK『ぴあ Special Issue ザ・ローリング・ストーンズ来日記念特別号』広告

 

フリーペーパー「THE ROLLING STONES ALBUMS IN KKBOX」表紙デザイン

10. フリーペーパー「THE ROLLING STONES ALBUMS IN KKBOX」表紙



フリーペーパー「THE ROLLING STONES ALBUMS IN KKBOX」中面デザイン

11. フリーペーパー「THE ROLLING STONES ALBUMS IN KKBOX」中面





  R.I.P. L'Wren Scott
 
 



●The Rolling Stones Announce 14 ON FIRE Asia Pacific Tour 





グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/

グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ






【シンボルマーク・パンフレットデザインの関連記事】

High Times R: ローリング・ストーンズのシンボルマークとツアーパンフレットデザイン:『ベロ・マーク』のバリエーションから読むトップランナーとしての意志
 
 

【関連URL】

The Rolling Stones | Official Website

 

THE ROLLING STONES | ザ・ローリング・ストーンズ - UNIVERSAL MUSIC JAPAN


●グラフィックデザイン・パンフレット・カタログ・冊子・ロゴなどのデザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川 http://designslim.net/graphic-design.html


●広告デザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川

http://designslim.net/advertising-design.html
 

メトロミニッツ131・ブックデザイン

フリーペーパー『メトロミニッツ No.131』エディトリアルデザインです。

駅構内で、10月号が配布されていました。


特集は「ラディカルでアバンギャルドで革命的な前衛派日本酒」です。


表紙は黒バックで、日本酒のボトルやグラスがレイアウトされていますが、「前衛派」というキーワードが、ぴったりのデザインですね。特色のシルバーも映えて、とても美しいです。


ラディカル、アバンギャルド、革命的、前衛派。

これらキーワードのすべてが、かつては未来感を示していたのですが、現在では逆にノスタルジーを誘う言葉になっています。


音楽で言えば、「ダフトパンク」や「YMO」や「クラフトワーク」、工業デザインで言えば、アメリカ60年代に多く見られたアトミックなデザイン、文学で言えば「ウイリアム・ギブソン」といったところでしょうか。


そういうキーワードをこれでもかとばかりに、ありったけ詰め込んで日本酒と組み合わせるというやり方はクレバーで、映画を観ているようなワクワク感を感じさせます。


かつて焼酎の『いいちこ』のボトルデザインでも多く見られた手法です。

調べていないので正確なところはわからないのですが、日本酒業界は問題意識が高く、マーケティングに積極的な業界なのかもしれません。


デザイナーとして、日本酒のラベルやボトルは注視していきたいと思います。


メトロミニッツ131・エディトリアルデザイン

中面の特集ページは、個性的なフォントを用いてデザインされています。


表紙のボトルは、モノトーンで表現されていましたが、特集ページのトビラ(見開き)のボトルは、カラーで色とりどりにレイアウトされていました。表紙とはまた違ったイメージで、こちらも素敵なデザインだと思いました。


『メトロミニッツ』アートディレクションは、「グルーヴィジョンズ」です。



【関連URL】

メトロミニッツ Metro min.


エディトリアルデザイン 制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

このページのトップヘ