グラフィックデザイナーのノート

松 利江子(フリーランス・グラフィックデザイナー)の公開ノート

タグ:ブランディングデザイン

ドクターマーチン・店頭・ブランディングデザイン

東京・青山にある『Dr. Martens』ディスプレイデザインです。

イギリスらしい、クラシカルな店舗デザインになっていました。


『Dr. Martens』は、「労働者の象徴」からスタートしたブランドです。その後「Mod's」から派生した「スキンヘッズ」、「ストリートギャングの象徴」となり、1970年中頃には、パンクロッカーとファンの間で愛用されました。そして『Dr. Martens』のブーツと靴は、ユースカルチャーと結び付き、今に至ります。


背景には、階級社会があるのでしょう。ホワイトカラーは安全靴は履きませんからね。

また、良く知られている通り、イギリスはブラック・ユーモアや皮肉が発達した国です。だから階級社会と言ってもどちらが上とか下ではなく、単純に別のものであり、個人として誇りを持つ事を「たくましさ」と考えられているのでしょう。カウンター・カルチャー(非サブカル)とはそういうものです。


ドクターマーチン・店舗・ディスプレイデザイン

ショーウインドウには、商品と人物のコラージュと、靴やバッグがバランスよく飾られていました。展開されているアイテムと、それらがある生活を切り取ったコラージュは、購入後のライフスタイル・商品の使用イメージを喚起させるものです。


そのような演出はファッションやインテリアの場合、とりわけ有効だと思います。それらが特別なシーンではなく、よくある日常の一コマであることによって、リアリティを感じさせるものになっているからです。


そしてコラージュの、写真を少し荒っぽく破いた感じと、「THE WHO」も使用したターゲットマーク(オリジナルは、英国空軍のマーク)が、何より『Dr. Martens』のテイストであると思います。


なぜ、こういうデザインがされているのか。

このブランドがなぜ、こういうポジションにあるのか。

見た目だけではなくそういった背景を抑えなければ、デザインの力はきちんと使えません。


世の中に素敵なデザインは沢山あります。

だけど素敵なデザインに触れた時、上辺ではなく、成り立ちを掘り下げる事や在り方について一度考えてみる。そういう事を知ると、デザインはもっと味わい深い、楽しみになるのです。



【関連URL】

ドクターマーチン・エアウエアジャパン Dr.Martens Air Wair, Japan./オフィシャルサイト


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

三和酒類・いいちこ・ポスターデザイン

前回に続いて、「デザインを変えていい時/変えてはいけない時」。

今回は『いいちこ』ポスターデザインです。


先日、表参道で駅貼り広告(B倍ポスター)を見かけました。

様々な自然の中に『いいちこ』のボトルが置かれ、短いコピーロゴが添えられている広告は、もう何年も続いているスタイルです。


この独特の世界観は、簡単に形成できるものではありません。


駅で見かけることがなかったとしても、長年にわたるテレビCMや、広告賞でメディアに取り上げられたり、何かと目にする機会も多かったと思います。


久しぶりに見ると、懐かしさというだけでなく、変わらないことに対する安心感のようなものを感じました。


雑踏の中でそれを見つけるとホッとするような、『いいちこ』は、この世界観がいいのですが、なぜ、このような広告展開がされているのか、この広告展開が長年に渡って続いているのかについて、よく考えてみた方が良いでしょう。

ちなみに、いつからこのスタイルなのか調べてみると、1984年からでした。

時代はバブル全盛の頃ですね。


84年から毎月一枚づつのポスターを制作すると、29年で約350点です。

約30年経った今も続くのは、並大抵のことではないですね。


駅貼りポスター・テレビCMなどの広告制作者は、

アートディレクター:河北 秀也さん

  コピーライター:野口 武さん

    デザイナー:土田 康之さん

    カメラマン:浅井 慎平さん


写真のポスターは、2013年9月のものです。



【関連URL】

iichikoポータルページ


広告デザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山木村屋・バナナクリームロール・パッケージデザイン

岡山木村屋『バナナクリームロール』パッケージデザインです。


ずいぶん昔からある、岡山では有名なローカルなパンですが、ずっと変わらないデザインで、親しみやすさがあります。


パッケージデザインは、ロングセラーの商品であっても、リニューアルされることが多いのですが、あえて「変えない」という選択もあります。


『バナナクリームロール』のように、見ると懐かしさで買ってしまうような商品は、味もパッケージも変わらない事がいいのです。


ある意味、ヴィンテージですね。


Levi'sはそれをかつて、「The Origin」というキーワードで、ブランディングしていました。


クライアントもデザイナーも「ここは変える」、「ここは変えてはいけない」というジャッジをくれぐれも間違えないように気をつけなければなりません。


なぜなら、変えてはいけないところを変えてしまうと、今までのお客さんの大半を失ってしまう事につながるからです。



【関連URL】

岡山木村屋


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

フォリフォリ・バッグ・ディスプレイデザイン1

「Folli Follie AOyama Flagship」の、ディスプレイデザインです。


「フォリフォリ」の店舗は、ブランドカラーのビビッドな「オレンジ」と、ロゴの「白」をベースにデザインされていました。


「オレンジと白」の組み合わせに、「ピンクと黒」のバッグが映えています。奥には「紫と白」、「赤と黒」などの組み合わせのバッグも見えました。


フォリフォリ・バッグ・ディスプレイデザイン2

こちらは、別の窓越しに見えたものですが、バッグは「茶と白」の組み合わせです。ブランドカラーの「オレンジと白」の組み合わせに馴染んで、先ほどのものと比べると、随分と落ち着いた印象です。配色次第で、イメージがかなり変わりますね。


モデルの起用に関しては、エスニックだと感じていましたが、「Folli Follie」が「1982年、ヨーロッパのバカンスの地、ギリシャ生まれ」というのを見て、なるほどな、と思いました。

これもブランディングか、と。



【関連URL】

フォリフォリ公式サイト


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/ 
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オリンピック・招致・ポスターデザイン

東京での「オリンピック・パラリンピック」の開催決定を祝うポスターです。

駅構内に貼られていました。


センターに配置されているロゴマークは、公募で選出された島峰藍さん(女子美術大学・4年)の作品です。最終的に、株式会社GKグラフィックスの久田邦夫さんがアートディレクションし、栄久庵憲司さんが監修され、島峰さんが仕上げたそうです。


日の丸のイメージに、日本らしい桜と、オリンピックカラーがマッチしていて、いいデザインだと思いました。オリンピックカラー以外で使用されている紫は、「江戸むらさき」で、東京を表す色だそうです。古来より日本で紫は、特別に格式の高い色となっています。ここで紫を選択するという判断は、きちんと知識を持っていなければ思い浮かばないでしょう。


これだけ素敵なデザインですが、これは招致ロゴなので、正式なロゴはこれから制作されるようですね。前回(1964年)の「東京オリンピック」ロゴデザイン亀倉雄策さんでしたが、今回はどのような形でデザインが決定していくのか、今からとても楽しみです。


デザイン史においても、ピックアップされる事の多い「オリンピックとそれにまつわるデザインの関係」。これから開催までにどのようなデザインが展開がされていくのか、2020年まで注目していきたいと思います。



【関連URL】

TOKYO 2020|2020年、オリンピック・パラリンピックを日本で!


CI・ロゴのデザイン事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川


───────────────────

グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ