グラフィックデザイナーのノート

松 利江子(フリーランス・グラフィックデザイナー)の公開ノート

タグ:リーフレットデザイン


Tomato・プロジェクト・グラフィックデザイン・展覧会1
パルコミュージアムで開催されている、デザイン集団「Tomato」『THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”』に行ってきました。会場・カタログに一切の説明はなく、只々、制作物が剥き出しの状態で展示されている、という展覧会でした。(会場内はすべて撮影OKです。)


2016年3月12日 アンダーワールドが限定ライブで渋谷をジャック!


 
 

Tomato・プロジェクト・グラフィックデザイン・展覧会2
Tomato・プロジェクト・グラフィックデザイン・展覧会3
Tomato・プロジェクト・グラフィックデザイン・展覧会4
Tomato・プロジェクト・グラフィックデザイン・展覧会5
Tomato・プロジェクト・グラフィックデザイン・展覧会6


問題解決の手段。ユーザビリティの向上。

これらがデザインの主たる役目として一般に語られるようになったのは比較的、最近のことかもしれません。

デザインはそれ自体が目的ではなく、目的を達成するための手段です。

この前提を踏まえると、デザインそれ自体を見せる「デザイン展」というイベントは特異なものだと考えられます。


絵画などのアートは作品それ自体が自律した存在で、作品の完成がゴールですから、仕事の成果としての制作物を観てもらうために作品展があるのは自然なことです。

しかし、先述した通り、デザインはそれ自体が目的ではありません。

デザインは何らかの目的達成のために手段として用いられるものであって、デザインそれ自体を鑑賞してもらうために作られるものではないから、です。

つまり、デザイン展という概念そのものが「矛盾」しているのですが、そういう矛盾や曖昧さを「Tomato」は見落としません。


「案件名(タイトル)や説明書きの一切を排除し、制作物だけを剥き出しで見せる。

デザイン展はその存在自体が矛盾したものですが、すべての説明を排除して制作物だけを展示すれば、それはデザイン展としか言いようのないものになる」


そんな優れた決断力、割り切りの気持ちよさ、明晰さ、こそが「Tomato」であり、デザイン展を開催する表現者 =「Tomato」なのかもしれません。


『THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”』は、そんな「デザインだけが持つ、芸術とはまた違った気持ちよさ」に気付かされた展覧会となりました。

やはりデザインに大切なのは「優先順位を決めて曖昧な判断を排除すること」ですね。



Tomato・プロジェクト・ムービー1
Tomato・プロジェクト・ムービー2
Tomato・プロジェクト・ムービー3
Tomato・プロジェクト・ムービー4

階段の踊り場スペースを利用した映像も非常に「Tomato」らしいものです。


tokyo-street-poem-underworld-instillation

ギャラリーXでは、「TOKYO STREET POEM instillation by Karl Hyde sound scape by Rick Smith」も開催されていました。


アンダーワールド・レコード・アルバム・パッケージデザイン

会場でカタログを購入すると、「アンダーワールド」のニューアルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』の袋に入れてもらえます。


Tomato・プロジェクト・カタログデザイン

今回の展覧会カタログとチケット。

Tomato・プロジェクト・リーフレットデザイン

今回の展覧会のリーフレット両面。

 

Tomato・アンダーワールド・インタビュー・フリー・マガジン

会場で配布されていたフリーマガジン『FLOOR night out』。

vol.14は「アンダーワールド」「Tomato」の特集です。



Underworld - Shibuya Shibuya we face a shining future


 

THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”




グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM
http://designslim.net/

グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ





【関連URL】

Tomato. Applied Art & Design

Underworld Live | The Official Website

THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O” | PARCO MUSEUM | パルコアート.com


●グラフィックデザイン・パンフレット・カタログ・冊子・ロゴなどのデザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川http://designslim.net/works_cat/graphic-design/

●リーフレットデザイン 制作実績 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川 http://designslim.net/works_cat/leaflet-design/

●音楽関連 楽譜 CD・DVDジャケット デザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川 http://designslim.net/works_cat/music-design/ 


映画・ダイナソー・パンフレット・リーフレットデザイン

映画『ウォーキング with ダイナソー』リーフレットパンフレットデザインです。

写真左がリーフレット、右がパンフレット表紙です。


「強く、生きろ。群れで一番小さな恐竜の壮大な旅が始まる。」

というコピーが入っているように、この映画の主人公は真ん中の小さな恐竜です。


このリーフレットパンフレットが面白いのは、主人公の恐竜「パッチ」が小さく扱われている点です。通常の映画の印刷物は主人公を大きく扱うことが多いのですが、ここでは小さな恐竜を際立たせるために、大きな恐竜(ティラノザウルス)を持ってきて、小ささをより印象付けるものになっています。


foxmovies-dinodaurs-3d-leaflet-design

そしてもう一枚、こちらのリーフレットは「3Dバージョン」もあることを伝えるためのものです。


こちらはあえて恐竜を出していません。これは「3D」だとどのような映像を観る事ができるのか、どのような体験が得られるのか、という興味を喚起させるものになっていると思います。


ひとつの映画でも、目的によって様々な内容や形態の印刷物が作られていました。


・主人公を小さく見せる

・「主人公/売り」の恐竜を見せない


こういった変化球には明確な目的・戦略があります。

印刷物を制作する時に、そういった土台になる部分を徹底的に考え抜く事が必要です。




グラフィックデザイン:DESIGN+SLIM

http://designslim.net/
グラフィックデザインのご依頼・お問い合わせ
 





【関連URL】

映画『ウォーキング with ダイナソー』公式サイト


●グラフィックデザイン・パンフレット・カタログ・冊子・ロゴなどのデザイン制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川 http://designslim.net/graphic-design.html


●パンフレットデザイン 制作事例 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川

 http://designslim.net/pamphlet-design.html


リーフレットデザイン 制作実績 | グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 東京・神奈川

 

このページのトップヘ