グラフィックデザイナーのノート

松 利江子(フリーランス・グラフィックデザイナー)の公開ノート

かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと1

「かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと」を観てきました。
かこさとしさんの絵本は、『からすのパンやさん』や「だるまちゃんシリーズ」など、広く読み継がれています。この展覧会では絵本の原画や下絵が見られるだけではなく、かこさとしさんの生涯を辿る展示となっていました。

絵本の創作やブックデザインの過程を目当てに足を運びましたが、今回の展示で私が最も感銘を受けたのは絵本を描き始める前の、工学博士として昭和電工(株)で働いていた頃の作品(戦後の働く人の様子など)や、セツルメント(子供たちへのボランティア)での活動にまつわる作品でした。
これらの中には、後のかこさとし作品のコアが形作られていく過程を見ることができます。

また、戦時中に正しい判断ができなかったこと(航空士官を目指したこと)で自責の念と、「子供たちには自分で考え、正しい判断ができるようになってほしい」という思いから、様々な題材を用いた絵本が創られていくこともわかります。
その上で手に取ったことがある作品や、知らなかった作品の数々をまとめて見ることができるように設計された会場構成は効果的で、来場者に大きな意味と学びをもたらす機会を提供しています。

かこさんは33歳で絵本作家としてデビューしますが、47歳までは会社員としても働き続けていました。日曜日はボランティアで子供たちに紙芝居などをしていたので、それ以外の時間が絵本の創作に当てられていたようです。
その上で生涯に創作した絵本などは約600作品! 本当に頭が下がります。

かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと2
会場の撮影可能エリアにある『からすのパンやさん』の展示

かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと3

かこさんの代表作『からすのパンやさん』は、私が幼少期に初めて親に頼んで買ってもらった絵本です。プレゼントしたり何度か買い直したりして今も手元に置いてあります。間違いなく、私が創作に興味を持つきっかけになった思い出深い作品です。
その絵本の作者がどれだけ偉大な方だったのか、改めて知る貴重な機会になりました。

「かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと」は、9月4日(日)まで、渋谷の Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されています。小学生・未就学児は入館無料です。
(土日祝日と最終週は、オンラインによる入場日時予約が必要です。)


【関連URL】 

グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM 

296709292_10220205540878048_2332520064749465092_n

バズ・ラーマン監督の映画『エルヴィス』を観てきました。

以前から、日本でのエルヴィスの音楽的評価が低いことが気になっていました。
この映画が再評価のきっかけになれば!と思って観ましたが、音楽史に与えた影響や重要なエピソードがあまり触れられず、「苦悩に満ちた人生」を描く作品になっていて残念。
上映時間の大半に割かれているのはトム・ハンクス演じるパーカー大佐によってどんどん酷い状況になっていく「つらいパート」でした。
 
しかし、ブラックミュージックに触れた幼少期や、悩んだ時に訪れるビールストリートのシーン(B.B.キング登場!)はなかなか良かったです。
白人のエルヴィスがブラックミュージックにどれほど影響を受けて、どのように融合させていったのか、後のロックに与えた影響など、もっと盛り込まれていたら良かったのに!とは思います。
 
だけどそうは言ってもエルヴィスだし、バズ・ラーマン監督だし!
映画としては楽しめました。


【関連URL】 
映画『エルヴィス』オフィシャルサイト - Warner Bros

グラフィックデザイン事務所 DESIGN+SLIM
 

『トップガン マーヴェリック』ポスター

『トップガン マーヴェリック』IMAXレーザー版を観てきました。

演出がトニー・スコット監督(前作の監督)ではないのを残念に思っていましたが、想像を超える作品になっていました。

前作を観ていなくても話を理解できるように作られてはいますが、感動するポイントは前作を伏線にしているので、やっぱり見直してから行ってよかったです。

前作はフィルムで撮影されています。

そのため、本作と比較するとザラついた質感や絵画的な影の出し方など、念入りな意図を汲んだ緻密な仕事ぶりが見て取れます。

逆に本作では36年間の技術の進歩で、戦闘シーンの迫力は臨場感が増しています。

過ぎた年月による変化もあり、物語もより丁寧に描かれているので、今、IMAXレーザー版で観ることができて本当に良かったです。(4DXも捨てがたかったけど。。。)

『トップガン マーヴェリック』ポスターデザイン

写真のポスターは左から「4DX版」「SCREEN X版」「IMAX版」の3種類。

私は、シンメトリーの構図の「SCREEN X版」のデザインが一番好きです☆


【関連URL】
映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト

ボテロ展 ふくよかな魔法

「ボテロ展 ふくよかな魔法」鑑賞。

ボテロと言えばふくよかな人物ですが、今回展示されていた静物画もかなり良かったです。

すべての作品をまとめて観ると、色彩の豊かさも圧巻。

また、ふくらんだモチーフの作風に至るまでのきっかけになった作品や映像も展示されていて、フェルナンド・ボテロの理解が深まる展覧会でした。

 

【関連URL】
ボテロ展 ふくよかな魔法 | Bunkamura

ザ・フィンランドデザイン展

「ザ・フィンランドデザイン展 -自然が宿るライフスタイル」を観てきました。

豊かな自然からのインスピレーション、社会とライフスタイルの変化など、デザインに与えた影響やデザインが生まれた背景など、多くを体感できる展覧会です。

19301970年のフィンランドデザインの流れと全体像を見通せる展示となっていました。


【関連URL】 
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル | Bunkamura

↑このページのトップヘ